PHPUnit::TestCase

PHPUnit::TestCase – TestCase: 複数のテストを実行するための試験装置の抽象化

TestCase を定義する手順

  • 1) PHPUnit_TestCase のサブクラスを作ります

  • 2) クラス変数を定義し、そこに試験装置の状態を保存できるようにします

  • 3) setUp() をオーバーライドすることにより試験装置の状態を初期化します

  • 4) tearDown() を上書きすることによりテスト後の後片付けを行います

各テストは、別個の試験装置において実行されるため、テストの実行による 副作用はありません。

PHPUnit::TestCase

<?php
class MathTest extends PHPUnit_TestCase {
  var 
$fValue1;
  var 
$fValue2;

  function 
MathTest($name) {
    
$this->PHPUnit_TestCase($name);
  }

  function 
setUp() {
    
$this->fValue1 2;
    
$this->fValue2 3;
  }
}
?>

各テストにおいては、試験装置を利用してメソッドを実装します。 正しい値が返されたかどうかは、assert 関数に boolean を渡すことで 確認します。

<?php
function testPass() {
  
$this->assertTrue($this->fValue1 $this->fValue2 == 5);
}
?>
テストスイートを実行し、TestResult オブジェクトを返す (Previous) PHPUnit2 (Next)
Last updated: Wed, 23 Jul 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.