例 – XML_Parser 使用の例

基本的な例

この基本的な例では、要素の開始と終了(つまり、開始タグと終了タグ) および文字データ (タグの間の "内容") を処理する単純なパーサを示します。

<?php
require_once 'XML/Parser.php';

class 
myParser extends XML_Parser
{
  function 
myParser()
  {
    
parent::XML_Parser();
  }

 
/**
  * 要素の開始の処理
  *
  * @access private
  * @param  resource  xml パーサのリソース
  * @param  string    要素の名前
  * @param  array     属性
  */
  
function startHandler($xp$name$attribs)
  {
    
printf('次の開始タグを処理します: %s<br />'$name);
  }

 
/**
  * 要素の終了の処理
  *
  * @access private
  * @param  resource  xml パーサのリソース
  * @param  string    要素の名前
  */
  
function endHandler($xp$name)
  {
    
printf('次の終了タグを処理します: %s<br />'$name);
  }

 
/**
  * 文字データの処理
  *
  * @access private
  * @param  resource  xml parser resource
  * @param  string    character data
  */
  
function cdataHandler($xp$cdata)
  {
    
// ここでは何もしていませんが、例えば print $cdata などを行います。
  
}
}

$p = &new myParser();

$result $p->setInputFile('xml_parser_file.xml');
$result $p->parse();
?>

このパーサは、単に、文書のパース中に見つかった開始タグと終了タグの 名前を出力するだけのものです。

XML_Parser について (Previous) パースモードについての解説 (Next)
Last updated: Fri, 24 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.