導入およびクイックスタート

導入およびクイックスタート – XML_Feed_Parser の概要

Description

XML_Feed_Parser は、有名な XML ベースのシンジケーションフォーマット (Atom、RSS1、RSS2 など) のほとんどに対応した汎用的なインターフェイスを提供します。 その本来の目的に集中するために、HTTP のメソッドやフィード作成用のメソッドは用意していません。 しかしそのかわりに幅広いフォーマットに対してすばやく簡単にアクセスできるようになります。

フィードの XML が変数 $xml_source に保存されているものとしましょう。 パーサのインスタンスを作成する最も簡単な方法は、このようになります。

<?php
try {
    
$feed = new XML_Feed_Parser($xml_source);
} catch (
XML_Feed_Parser_Exception $e) {
    die(
'フィードが無効です: ' $e->getMessage());
}
?>

コンストラクタに指定できるパラメータは、次のようになります。

<?php
/* パースしたいファイル */
$source 'my_source.xml';

/* Relax NG が使用可能な場合に、フィードの検証を行います */
$validate true;

/* 致命的でない警告を無視するかどうか */
$suppress_warnings false;

/* フィードが妥当な XML でない場合、もし tidy 拡張モジュールがインストール
 * されていれば、それを使用してフィードを修正します */
$use_tidy true;

$feed = new XML_Feed_Parser($source$validate$suppress_warnings$use_tidy);
?>

パーサのインスタンスを取得すると、 たとえばこのようにしてフィードレベルのデータを直接取得できるようになります。

<?php
$title 
$feed->title;
?>

すべてのフィードを順に処理して要素にアクセスしたり、 オフセットや ID を指定して直接アクセスすることもできます。

<?php
foreach ($feed as $entry) {
    print 
$entry->title "\n";
}

$first_entry $feed->getEntryByOffset(0);

$particular_entry $feed->getEntryById('http://jystewart.net/entry/1');
?>
XML_Feed_Parser (Previous) XML_Feed_Parser での拡張の処理 (Next)
Last updated: Tue, 29 Jul 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.