導入

導入 – XML_Beautifierの導入

XML_Beautifierの導入

XML_Beautifierは、 人間がXML文書を容易に読むことが出来るようにすることを助けるパッケージです。

それは改行・字下げの追加、字下げ(indent)・属性ソートとタグケース (英大・小文字)の変換をし、長いコメントも含みます。 それはタグ・文字データ・コメント・XML宣言・ 処理命令および外部の実態を認識し、 これらのトークンをうまくフォーマットすることが出来ます。

文書はXML_Beautifier_Tokenizerクラスおよびexpatパーザを使用し、 これらのトークンへ分割します。

現在、ひとつのレンダラだけが利用可能です。 しかし、XML_Beautifierがドライバに基づいたアーキテクチャーを使用ことで、 他のレンダラ(シンタックスを強調するような)はまもなく後続するでしょう。

XML_Beautifier (Previous) XML_Beautifierの使用例 (Next)
Last updated: Wed, 26 Nov 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.