Services_Weather_Ejse クラス概要

Services_Weather_Ejse クラス概要 – PEAR::Services_Weather_Ejse

PEAR::Services_Weather_Ejse

このクラスは、EJSE の SOAP サービスに対するインターフェイスです。 現在の天気データと予報を、郵便番号をもとに取得します。

現在このサービスが対応しているのは、合衆国内のみです。

実際の使用例は docs/Services_Weather/examples/ejse-basic.php を参照ください。

Services_Weather_Ejse のクラス階層

Services_Weather_Ejse が継承するメソッド

Services_Weather_Common から継承したもの
メソッド名 概要
Services_Weather_Common::calculateDewPoint() 温度と湿度から露点を計算します。 これはあくまでも概算値です。 露点を正確に計算する公式はありません。ここで使用しているのは Magnus-Formula と言われるものです。
Services_Weather_Common::calculateHumidity() 温度と露点から湿度を計算します。 これはあくまでも概算値です。 露点を正確に計算する公式はありません。ここで使用しているのは Magnus-Formula と言われるものです。
Services_Weather_Common::calculateWindChill() 温度と風速から体感温度を計算します (拡張公式を使用します)。
Services_Weather_Common::convertDistance() km, ft および sm の距離を変換します。
Services_Weather_Common::convertPressure() in、hpa、mb、mm および atm の気圧を変換します。
Services_Weather_Common::convertSpeed() mph、kmh、kt、mps および fps の速度を変換します。
Services_Weather_Common::convertTemperature() f および c の温度を変換します。
Services_Weather_Common::getUnitsFormat() 選択した単位系を返します。
Services_Weather_Common::polar2cartesian() 極座標をデカルト座標に変換します。
Services_Weather_Common::setCache() データのキャッシュを有効にします。使用することを強く推奨します。
Services_Weather_Common::setDateTimeFormat() 時刻や日付の表示形式を変更します (http://www.php.net/date を参照ください)。
Services_Weather_Common::setHttpTimeout() HTTP リクエストのタイムアウト秒数を設定します。
Services_Weather_Common::setUnitsFormat() 単位の表記を変更します (標準/メートル法)。
単位の表記を変更する (標準/メートル法) (Previous) 翌日以降の予報を取得する (Next)
Last updated: Tue, 21 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.