さあはじめましょう

さあはじめましょう – eBay ウェブサービスの利用の手引き

eBay アプリケーションの開発

eBay ウェブサービスは、もちろん誰でも好き勝手に使用できるというわけではありません。 アプリケーションの開発やテストを行うには、eBay デベロッパとして登録する必要があります (これは無料です)。さらに、作成したアプリケーションが承認されるまでは、 eBay サイト上での開発やテストを行うことはできません。

eBay サンドボックス

eBay Developers Program Sandbox は、"ミニ" eBay サイトとでもいうべき テスト用環境です。このサンドボックスは eBay サイトの重要な機能のほとんどを 提供しており、アプリケーションの作成やテストを本番環境以外で行うことができます。 eBay Sandbox は、API のテストおよび GUI インターフェイスによる サイトのテストの両方をサポートしています。

アプリケーションを開発する際には、常にこの eBay サンドボックスを使用することになるでしょう。 サンドボックスへは、ウェブ経由で http://sandbox.ebay.com/ からアクセスできます。このサイトは、あなたが見慣れている eBay のサイトと見た目が似ており、同じように動作します。

サンドボックスの使用法

サンドボックスを使用してアプリケーションを開発するには、 eBay developers program に登録する必要があります。そのためには以下の手順に従ってください。

  1. eBay ユーザとしての登録

    eBay デベロッパとして登録するには、eBay のユーザである必要があります。 eBay のユーザは世界各国のどのサイトでも有効なので、 ebay.com や ebay.de などのローカル eBay サイトの ID を持っているのならそれで十分です。

  2. eBay デベロッパとしての登録

    次に、eBay developer program で eBay デベロッパとして登録します。この手続きには少し時間がかかります。 というのも非常に多くの情報を入力しなければならないからです。 ですので、これは慎重に行う必要があります。Service_Ebay を使用して オープンソースアプリケーションを開発するのなら、 Individual license を申請しなければなりません。

    登録が完了すると、eBay アプリケーションの認証に必要な三つのキーが送られてきます。 DevID、AppID そして CertID です。これらは後で必要となるので、 どこかに保存しておきましょう。

  3. テストユーザの作成

    サンドボックスと eBay のサイトは一切データを共有していません。 商品を追加したり取引を進めたりフィードバックを送ったりするため、 新しいユーザを作成する必要があるでしょう。テスト用のユーザは、 いくつでも作成することができます。作成するには、サンドボックス内の 登録フォーム を使用します。

    作成する各ユーザについて、それぞれ有効な email アドレスが必要です。また、 アメリカの住所および電話番号も必要です。これらは YellowPages で簡単に得られます。 クレジットカードは必須ではありません。テストユーザは、 サンドボックス内で使用できるお金を eBay から受け取っています。もちろん、 これは本物のお金ではありませんので、サンドボックス外では何の役にも立ちません。

  4. テストユーザの認証

    テストユーザに eBay 上で出品させたいのなら、そのユーザを認証する必要があります。 これを行うには ValidateTestUserRegistration() API をコールします。 この機能は既に Services_Ebay でサポートされています。

認証および承認

eBay の認証および認証プロセスはとても複雑で、 ウェブサービスの開発を始めるにあたっての最大の障害ともいえるでしょう。 API コールのためには次の情報が必要です。

  • DevID (登録時に受け取ったもの。デベロッパ単位で固有)

  • AppID (登録時に受け取ったもの。アプリケーション単位で固有)

  • CertID (登録時に受け取ったもの。アプリケーション単位で固有)

  • 認証トークン。アプリケーションのユーザ単位で固有

すでに最初の 3 つのトークンは取得済みでしょうが、API コールを行うためには まだ最後のひとつが必要です。もしあなたのアプリケーションが複数のユーザに使用される (ウェブアプリケーションなど) のなら、eBay は彼らのユーザ名・パスワードを あなたのアプリケーションに受け取らせたくありません。ユーザの認証を行う場合は、 アプリケーション側で eBay のログインページにリダイレクトし、 その際に追加のパラメータ (いわゆる RuName) を渡すようにします。 ユーザはそこで eBay ウェブサイトへのログイン情報を入力します。すると、 あなたのアプリケーションではそのユーザに代わって API をコールできるようになります。

その後、eBay はユーザをあなたのアプリケーションにリダイレクトし、 一意なトークンを渡します。これが、あなたのアプリケーションで そのユーザ用の API をコールする際の ID となります。 この手法の利点は以下のとおりです。

  • eBay アプリケーション間でのシングルサインオンシステム

  • あなたのアプリケーションがハックされたとしても、パスワードが漏洩することがない

  • ユーザは、見慣れたログイン画面を使用できる

この認証手順はとても複雑で、さまざまな API をコールしなければなりません。そこで テスト用に使用できる、より簡単な方法があります。eBay が提供する、いわゆる Single-User-Tool がそれで、HTML ベースでユーザ認証用のトークンを作成できます。 あなたの DevID、AppID と CertID を入力し、サンドボックスあるいは 運用環境のどちらで使用するのかを指定するだけです。

Services_Ebay の手引き

Services_Ebay にはたくさんのサンプルが含まれています。それらを見ると、 どのように API をコールするのかがわかります。Service_Ebay をインストールすると、 PEAR インストールディレクトリの下の docs/ にサンプルが配置されます。 サンプルを実行するには、eBay から受け取った認証情報が必要になるでしょう。 一番簡単な方法は、config.php ファイルを修正することです。 このファイルは examples フォルダにあります。

設定ファイル

<?php
// DevID, AppID and CertID
$devId  'HFGHSK7JKKJ82JKJFJHF84LKH86Z3JFF71KJKH';

$appId  'IUENVCLJEGBN62JLKKLJHD34KKJL-GDJHDGJHD';

$certId 'GHKL67JKDJLKJGFBNMBCHGDLヨWJH241KKHJKKJ';

// Username and password, only required by some calls
// that set up the Auth&Auth mechanism
$username 'YourTestUser';

$password 'Secret Pass';

// Token as returned from the Single-User-Tool
$token 'AgAAAA.......3jfiEQ**';
?>
Services_Ebay の導入 (Previous) Services_Ebay の XML エンコーディング (Next)
Last updated: Thu, 30 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.