単純な例

まずどこかに Subversion リポジトリを作成してください。PHP スクリプトで どのように書けばよいのかを知りたいことでしょう。数行後に、 VersionControl_SVN::VersionControl_SVN_List() コマンドを使用する例を 示します。

Subversion リポジトリの内容を読み込む

<?php
require_once 'VersionControl/SVN.php';
    
// エラー処理を設定します -- 常にこのようにしておきましょう!
$svnstack = &PEAR_ErrorStack::singleton('VersionControl_SVN');

// 実行時オプションを設定します
$options = array('fetchmode' => VERSIONCONTROL_SVN_FETCHMODE_ARRAY);

// list クラスをファクトリに要求します
$svn VersionControl_SVN::factory('list'$options);

// 必要なスイッチや引数を定義します
$switches = array('username' => 'user''password' => 'pass');
$args = array('svn://svn.example.com/repos/TestProject');

// コマンドを実行します
if ($output $svn->run($args$switches)) {
    
print_r($output);
} else {
    if (
count($errs $svnstack->getErrors())) { 
        foreach (
$errs as $err) {
            echo 
'<br />'.$err['message']."<br />\n";
            echo 
"Command used: " $err['params']['cmd'];
        }
    }
}
?>

上で使用したリポジトリにもし VersionControl_SVN のソースが 格納されていれば、この例の出力は以下のようになります。

<?php
Array
(
    [
0] => Array
        (
            [
name] => docs
            
[type] => D
        
)

    [
1] => Array
        (
            [
name] => package.xml
            
[type] => F
        
)

    [
2] => Array
        (
            [
name] => SVN.php
            
[type] => F
        
)

    [
3] => Array
        (
            [
name] => SVN
            
[type] => D
        
)

    [
4] => Array
        (
            [
name] => tests
            
[type] => D
        
)

)
?>

上の出力例で、ディレクトリには D、ファイルには F というフラグが立っていることに注意しましょう。

出力に関する詳細情報はを得るには、配列 $optionsverboseTRUE を設定します。

導入 (Previous) ひとつのファクトリですべてを支配する (Next)
Last updated: Fri, 24 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.