Text_Diff の導入

Table of Contents

Text_Diff は、 2 つもしくは 3 つのテキストファイル間での差分表示の生成を支援します。

@@ -1,3 +1,3 @@
 この行は同じです。
-この行は 1.txt のみにあります。
+この行は 2.txt のみにあります。
 この行は同じです。

差分は、2つのステップで生成します。

  1. ファイル間の差分を算出する。
  2. 差分の出力を生成する。

Text_Diff では、 ファイル、文字列間の差分を計算するために エンジン が利用されます。 このパッケージでは、 nativeshellstring、 そして xdiff のエンジンを含んでいます。 auto を使用すると、 Text_Diff は、システムに最適なものを決定します。

2 つ目のパートでは、レンダラによって出力を生成します。 Text_Diff は context inline そして unified レンダラを同梱しています。

Text_Diff (Previous) レンダラの例 (Next)
Last updated: Mon, 01 Sep 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.