導入

導入 – ファイルシステムのマウントとアンマウント

貢献者

  • Brett Bieber

説明

System_Mount は、システムの /etc/fstab に記録されているファイルシステムやパーティションのマウントおよびアンマウントを行います。 fstab ファイルは Unix/Linux ベースのシステムで一般に用いられているもので、 ユーザがファイルシステム階層上にマウントできるファイルシステムやパーティションの一覧として使用します。 root パーティションや boot パーティションなどのほかに、 cdrom デバイスやその他のリムーバルメディアなども登録されることがあります。

System_Mount コマンドは、File_Fstab を使用して /etc/fstab ファイルのエントリを取得し、 マウント/アンマウント の操作を簡単に行えるようにします。

System_Mount の使用法

一般的な使用法

<?php
require_once 'System/Mount.php';

// mount クラスを作成します
$m = new System_Mount();

// CD-ROM エントリを表すオブジェクトを取得します
$cdrom $m->getEntryForPath('/media/cdrom0');

if (
PEAR::isError($cdrom)) {
    die(
$cdrom->message."\n");
}

// マウントします
$res $cdrom->mount();
if (
PEAR::isError($res)) {
    die(
$res->getMessage()."\n");
}

// その中身を表示します
print `ls {$cdrom->mountPoint}`;

// アンマウントします
$cdrom->unmount();
if (
PEAR::isError($res)) {
    die(
$res->getMessage()."\n");
}
?>

まず最初に、 System_Mount オブジェクトのインスタンスを作成する必要があります。

/etc/fstab 内の対応するエントリのマウントポイントを使用して、 マウントするオブジェクトを取得します。 そしてエラーチェックを行い、エラーがなければ cdrom をマウントします。

System_Mount (Previous) System_Daemon (Next)
Last updated: Sat, 25 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.