エクスポート

エクスポート – Structures_BibTex を使用したデータのエクスポート

概要

Structures_BibTex クラスが提供するメソッドを使用すると、 クラスに保存されたデータをエクスポートすることができます。 現在は、次のフォーマットに対応しています。

  • BibTeX - 全データを BibTeX でエクスポートします

  • RTF - 条件にマッチするデータを RTF フォーマットのリストでエクスポートします

  • HTML - 条件にマッチするデータを HTML のリストでエクスポートします

Author

デフォルトでは、著者の名前を "VON LAST, JR, FIRST" 形式でエクスポートします。それぞれ対応するプレースホルダが置換されます。 プレースホルダは大文字でなければなりません。 フォーマット文字列は、クラス変数 authorstring で定義されています。 たとえば、著者名の出力形式を "FIRST LAST" に変更するには、次のようにします。

著者名の書式の変更

<?php
require_once 'Structures/BibTex.php';
$bibtex               = new Structures_BibTex();
$bibtex->authorstring 'FIRST LAST';
?>

BibTeX

基本的な機能として、当然 BibTeX フォーマットでのエクスポートが可能です。 これは、単に bibTex() メソッドを起動するだけです。

BibTeX フォーマットでのエクスポート

<?php
require_once 'Structures/BibTex.php';
$bibtex = new Structures_BibTex();
$ret    $bibtex->loadFile('foo.bib');
if (
PEAR::isError($ret)) {
    die(
$ret->getMessage());
}
$bibtex->parse();
echo 
'BibTeX フォーマットにしたデータ:<br />';
echo 
$bibtex->bibTex();
?>

RTF

この機能は、データを Word にインポートするために作成されました。 Word は (もちろん Open Office や kword も)、 RTF フォーマットを読み込むことができます。 そのためには、出力データを 'somefile.rtf' という名前で保存して それを Word で開くだけです。Windows ユーザもこれで満足でしょう。 この機能を使用するには、rtf() メソッドをコールします。

RTF フォーマットでのエクスポート

<?php
require_once 'Structures/BibTex.php';
$bibtex = new Structures_BibTex();
$ret    $bibtex->loadFile('foo.bib');
if (
PEAR::isError($ret)) {
    die(
$ret->getMessage());
}
$bibtex->parse();
echo 
'RTF フォーマットにしたデータ:<br />';
echo 
$bibtex->rtf();
?>

各エントリのデフォルトの書式は、まず最初に著者名がきて、 次に (ダブルクォートで囲まれた太字の) タイトル、 それから (斜体の) 学会誌名、そして最後に年となります。 デフォルトの書式を変更するには、クラス変数 rtfstring をオーバーライドします。デフォルトの rtfstring は 'AUTHORS, "{\b TITLE}", {\i JOURNAL}, YEAR' となっています。文字列 AUTHORS、TITLE、JOURNAL および YEAR は、対応する値に置き換えられます。

異なる RTF 文字列による RTF フォーマットでのエクスポート

<?php
require_once 'Structures/BibTex.php';
$bibtex = new Structures_BibTex();
$ret    $bibtex->loadFile('foo.bib');
if (
PEAR::isError($ret)) {
    die(
$ret->getMessage());
}
$bibtex->parse();
$bibtex->rtfstring  'AUTHORS, "TITLE", JOURNAL, YEAR';
echo 
'RTF フォーマットにしたデータ (しかし今回は文字装飾はしない):<br />';
echo 
$bibtex->rtf();
?>

HTML

この機能は、単にシンプルな HTML を作成します。 デフォルトの書式は rtf の場合と同じです。これを使用するには html() メソッドをコールします。

HTML フォーマットでのエクスポート

<?php
require_once 'Structures/BibTex.php';
$bibtex = new Structures_BibTex();
$ret    $bibtex->loadFile('foo.bib');
if (
PEAR::isError($ret)) {
    die(
$ret->getMessage());
}
$bibtex->parse();
echo 
'HTML フォーマットにしたデータ:<br />';
echo 
$bibtex->html();
?>

RTF エクスポートの場合と同様、デフォルトの HTML 文字列は オーバーライドすることが可能です。デフォルトの文字列はクラス変数 htmlstring に保存されており、 AUTHORS, "<strong>TITLE</strong>", <em>JOURNAL</em>, YEAR<br /> のようになっています。

異なる HTML 文字列による HTML フォーマットでのエクスポート

<?php
require_once 'Structures/BibTex.php';
$bibtex = new Structures_BibTex();
$ret    $bibtex->loadFile('foo.bib');
if (
PEAR::isError($ret)) {
    die(
$ret->getMessage());
}
$bibtex->parse();
$bibtex->htmlstring  'AUTHORS, "TITLE", JOURNAL, YEAR';
echo 
'HTML フォーマットにしたデータ (しかし今回は文字装飾はしない):<br />';
echo 
$bibtex->html();
?>
Structures_BibTex での警告の使用法 (Previous) Structures_BibTex クラスのその他のメソッド (Next)
Last updated: Tue, 30 Sep 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.