導入

導入 – Stream_Var入門

Stream_Var入門

Stream_Varは、PHPのストリーム関数のラッパーとして使用できるクラスを 提供します。 これにより、fopen(), fclose(), fwrite(), fread(), opendir()や他の全てのファイルシステム関数を用いて 変数にアクセスすることが可能になります。

stream_wrapper_register()関数を利用することで、 Stream_Varをラッパーとして登録することができます。

スカラー変数(string, integer, float)は、ファイルとして処理されると同時に、 配列はディレクトリを意味します。

ストリームの登録方法の詳細は、PHPマニュアル、 または、exampleを 参照してください。

利用のシナリオ

Stream_Varは、様々なシナリオで利用できます。処理が完了するまでデータを 保存せずにオン ザ フライでデータを生成しながらファイルからデータを読み 込む、というクラスを想像してみてください。

これは、Stream_Varが利用できる局面です。fopen()を利用するためにラッパーとして登録し、var://GLOBAL/yourVarを指定するだけです。

これで、あたかもファイルのように変数から値を読み込みます。

Stream_Var (Previous) Stream_Varの利用例 (Next)
Last updated: Sun, 31 Aug 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.