動作原理

動作原理 – 全般的な解説

動作原理

ドキュメントの解析情報の生成は、二段階に分けて行われます。

  1. データを収集し、保存する

  2. 保存されたデータをもとに、さまざまなレポートを生成する

なぜこのようにしたかというと、データの収集には長い時間 (約一分) がかかり、しかもこれはレポートの種類ごとに必要だったからです。 つまり、シンプルなドキュメント網羅状況のほかに拡張版のレポートがほしければ、 共通のデータをそれぞれに用意し、それを単に異なる切り口で見せるだけとなります。

QA_Peardoc_Coverage にある generateCoverage() は、網羅状況のデータを算出してそれを配列で返します。 これはシリアライズして保存することができ、すべての Renderer クラスで、それを入力として使用することができます。

QA_Peardoc_Coverage_Renderer インターフェイスを実装したクラスは render() メソッドを提供します。 これは generateCoverage() が返すデータを受け取り、 解析結果を返します。この結果は、たいていの場合は HTML を含む文字列となります。

QA_Peardoc_Coverage の利点 (Previous) 順を追って説明します (Next)
Last updated: Thu, 21 Aug 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.