PEAR_PackageFileManager::writePackageFile

PEAR_PackageFileManager::writePackageFile() – 新しく作成された <release></release> タグを使用して package.xml ファイルを書き出す

Synopsis

require_once 'PEAR/PackageFileManager.php';

void|PEAR_Error PEAR_PackageFileManager::writePackageFile ( boolean $debuginterface = = null )

Description

package.xml を書き換える前には、「常に」 debugPackageFile() を使用して内容が正しいかどうかを検証するようにしましょう。

Parameter

boolean $debuginterface

デバッグを行わない場合は NULL、 Web インターフェースの場合は TRUE、 コマンドラインの場合は FALSE を指定します。

Throws

PEAR_PACKAGEFILEMANAGER_RUN_SETOPTIONS、

PEAR_PACKAGEFILEMANAGER_ADD_MAINTAINERS、

PEAR_PACKAGEFILEMANAGER_CANTWRITE_PKGFILE、

PEAR_PACKAGEFILEMANAGER_CANTOPEN_TMPPKGFILE、

PEAR_PACKAGEFILEMANAGER_CANTCOPY_PKGFILE あるいは

PEAR_PACKAGEFILEMANAGER_DEST_UNWRITABLE をスローします。

See

PEAR_PackageFileManager::debugPackageFile() も参照ください。コマンドライン版および Web 版のいずれの場合にも、 デバッグパラメータを指定してコールされます。

Note

This function can not be called statically.

package.xml の生成オプションを設定する (Previous) CVS をチェックアウトしたものからファイル一覧を生成する (Next)
Last updated: Wed, 26 Nov 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.