Net_Server_Driver_Fork のクラス概要

Net_Server_Driver_Fork のクラス概要 – サーバクラスをフォークする

サーバクラスのフォーク

このクラスはそれぞれの接続のために新しいプロセスをフォークします。 これにより、クライアント間で通信が問題ないサーバを構築する事ができます。

操作可能なイベントは次の通りです:

  • onStart

  • onConnect

  • onClose

  • onReceiveData

Net_Server_Driver_Fork のクラスツリー

Net_Server_Driver_Fork 継承したメソッド

Net_Server_Driver からの継承
メソッド名 概要
Net_Server_Driver::getLastSocketError() 最後のソケットエラー文字列を返す
Net_Server_Driver::setCallbackObject() 全てのイベントを処理するために使用されるコールバックオブジェクトを 登録する
Net_Server_Driver::setDebugMode() デバッグモードをセットする
デバッグモードをセットする (Previous) 全てのクライアントにデータを送信する (Next)
Last updated: Tue, 25 Nov 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.