setMAC()

setMAC() – MAC アドレスをオブジェクトに設定する

Synopsis

require_once 'Net/MAC.php';

mixed setMAC ( string $macaddr , string $delimiter = ':' )

Description

このメソッドは、渡された MAC アドレスと区切り文字を使用して、 オブジェクトに MAC アドレスを設定します。このメソッドは、 check() メソッドを使用して MAC アドレスの妥当性を調べます。

Parameter

  • string $macaddr - MAC アドレスを表す文字列。

  • string $delimiter - MAC アドレスの検証時に使用する区切り文字を表す文字列。

Return value

boolean - MAC アドレスが正しく設定できた場合に TRUE、 それ以外の場合 (MAC アドレスが無効な場合など) に FALSE を返します。

Note

This function can not be called statically.

Example

setMAC() の使用法

<?php
require_once 'Net/MAC.php';
require_once 
'MDB2.php';

$db_type 'pgsql';
$db_host 'localhost';
$db_user 'username';
$db_name 'dbname';
$db_pass 'password';

$dsn "$db_type://$db_user:$db_pass@$db_host/$db_name";

$dbh =& MDB2::factory($dsn);

if (
MDB2::isError($dbh)) {
  echo 
"MDB2 Error: ".$dbh->getUserInfo();
}

$dboptions = array('tablename' => 'macvendors',
                   
'macaddrcol' => 'macaddr',
                   
'vendorcol' => 'vendor',
                   
'desccol' => 'description');

try {
  
$nmh =& new Net_MAC($dbh$dboptions);
} catch (
Net_MAC_Exception $e) {
  echo 
'Net_MAC Error: ' $e->getMessage();
  exit;
}

$nmh->setMAC('00:11:22:33:44:55');
?>
コンストラクタ (Previous) 製造者のファイルをデータベースあるいは配列にインポートする (Next)
Last updated: Mon, 22 Dec 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.