エラー処理

エラー処理 – Net_LDAP のエラーを処理する方法

エラー処理

Net_LDAP のほぼすべてのメソッドは、何か問題が発生すると Net_LDAP_Error オブジェクトを返します。 何かの操作をしたあとは常にエラーが発生していないかどうかを確認し、 予期せぬ結果を引き起こさないようにしましょう。

エラー処理は簡単な作業です。 単に、以下のように返り値を調べるだけでいいのです。 もしエラーが発生していたら、たとえばスクリプトを停止するなどの処置をとります。 あるいは、単にログに出力するだけでもいいかもしれません。 実際にどんな処理をするかは、もちろん状況によって異なります。

エラーオブジェクトの getMessage() メソッドを使用すると、エラーメッセージを取得することができます。 また getCode() を使用すると、 エラーコードを取得することができます。これは通常は LDAP エラーコード (以下の表を参照ください) となり、この値を使用してエラー処理を自動的に行うこともできます。

エラー処理

<?php
// 任意のアクションを実行します
$result $ldap->search($searchbase$filter$options);

// エラーが発生したかどうかを調べ、エラー処理をします
// ここでは、エラーメッセージを表示して die() を実行します
if (PEAR::isError($result)) {
    die(
$result->getMessage());
}
?>
Net_LDAP のエラーコード
エラーコード 説明
0x00LDAP_SUCCESS
0x01LDAP_OPERATIONS_ERROR
0x02LDAP_PROTOCOL_ERROR
0x03LDAP_TIMELIMIT_EXCEEDED
0x04LDAP_SIZELIMIT_EXCEEDED
0x05LDAP_COMPARE_FALSE
0x06LDAP_COMPARE_TRUE
0x07LDAP_AUTH_METHOD_NOT_SUPPORTED
0x08LDAP_STRONG_AUTH_REQUIRED
0x09LDAP_PARTIAL_RESULTS
0x0aLDAP_REFERRAL
0x0bLDAP_ADMINLIMIT_EXCEEDED
0x0cLDAP_UNAVAILABLE_CRITICAL_EXTENSION
0x0dLDAP_CONFIDENTIALITY_REQUIRED
0x0eLDAP_SASL_BIND_INPROGRESS
0x10LDAP_NO_SUCH_ATTRIBUTE
0x11LDAP_UNDEFINED_TYPE
0x12LDAP_INAPPROPRIATE_MATCHING
0x13LDAP_CONSTRAINT_VIOLATION
0x14LDAP_TYPE_OR_VALUE_EXISTS
0x15LDAP_INVALID_SYNTAX
0x20LDAP_NO_SUCH_OBJECT
0x21LDAP_ALIAS_PROBLEM
0x22LDAP_INVALID_DN_SYNTAX
0x23LDAP_IS_LEAF
0x24LDAP_ALIAS_DEREF_PROBLEM
0x30LDAP_INAPPROPRIATE_AUTH
0x31LDAP_INVALID_CREDENTIALS
0x32LDAP_INSUFFICIENT_ACCESS
0x33LDAP_BUSY
0x34LDAP_UNAVAILABLE
0x35LDAP_UNWILLING_TO_PERFORM
0x36LDAP_LOOP_DETECT
0x3CLDAP_SORT_CONTROL_MISSING
0x3DLDAP_INDEX_RANGE_ERROR
0x40LDAP_NAMING_VIOLATION
0x41LDAP_OBJECT_CLASS_VIOLATION
0x42LDAP_NOT_ALLOWED_ON_NONLEAF
0x43LDAP_NOT_ALLOWED_ON_RDN
0x44LDAP_ALREADY_EXISTS
0x45LDAP_NO_OBJECT_CLASS_MODS
0x46LDAP_RESULTS_TOO_LARGE
0x47LDAP_AFFECTS_MULTIPLE_DSAS
0x50LDAP_OTHER
0x51LDAP_SERVER_DOWN
0x52LDAP_LOCAL_ERROR
0x53LDAP_ENCODING_ERROR
0x54LDAP_DECODING_ERROR
0x55LDAP_TIMEOUT
0x56LDAP_AUTH_UNKNOWN
0x57LDAP_FILTER_ERROR
0x58LDAP_USER_CANCELLED
0x59LDAP_PARAM_ERROR
0x5aLDAP_NO_MEMORY
0x5bLDAP_CONNECT_ERROR
0x5cLDAP_NOT_SUPPORTED
0x5dLDAP_CONTROL_NOT_FOUND
0x5eLDAP_NO_RESULTS_RETURNED
0x5fLDAP_MORE_RESULTS_TO_RETURN
0x60LDAP_CLIENT_LOOP
0x61LDAP_REFERRAL_LIMIT_EXCEEDED
1000Unknown Net_LDAP Error
Net_LDAP の概要 (Previous) Net_LDAP の設定、および LDAP サーバへの接続 (Next)
Last updated: Fri, 19 Dec 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.