設定および接続

設定および接続 – Net_LDAP の設定、および LDAP サーバへの接続

LDAP サーバへの接続

LDAP サーバに接続するには、 Net_LDAP の静的メソッド connect() を使用します。 このメソッドに渡すパラメータはひとつで、その内容は設定オプションの配列です。 接続に成功した場合は Net_LDAP オブジェクト、 失敗した場合は Net_LDAP_Error オブジェクトを返します。

設定オプションの内容について、次の表にまとめます。 デフォルト値で間に合うなら、設定配列でその項目を指定する必要はありません。

設定オプション
名前 説明 デフォルト
host 接続する LDAP サーバ。複数のホストを配列で指定することもできます。その場合は、左から右の順で接続を試みます。 localhost
port 接続するポート 389
version LDAP のバージョン 3
starttls 接続後に TLS を開始する false
binddn バインドする識別名 (ユーザ名) (なし)
bindpw binddn に対応するパスワード (なし)
basedn LDAP のベース名 (ルートディレクトリ) (なし)
options 追加で指定する ldap オプションを表す キー/値 の配列 array()
filter デフォルトの検索フィルタ (文字列、あるいは Net_LDAP_Filter オブジェクト)。 LDAP フィルタ を参照ください。 (objectClass=*)
scope デフォルトの検索スコープ (search を参照ください) sub

LDAP サーバへの接続

<?php
// Net_LDAP パッケージの読み込み
require_once 'Net/LDAP.php';

// 設定配列
$config = array (
    
'binddn'    => 'cn=admin,ou=users,dc=example,dc=org',
    
'bindpw'    => 'password',
    
'basedn'    => 'dc=example,dc=org',
    
'host'      => 'ldap.example.org'
);

// 設定を用いた接続
$ldap Net_LDAP::connect($config);

// 接続時のエラーの確認
if (PEAR::isError($ldap)) {
    die(
'LDAP サーバに接続できませんでした: '.$ldap->getMessage());
}
?>
Net_LDAP のエラーを処理する方法 (Previous) エントリの検索 (Next)
Last updated: Sat, 30 Aug 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.