Net_DNS_RR クラス概要

Net_DNS_RR クラス概要 – リソースレコードの解析と生成の機能を提供する

Net_DNS_RR

Net_DNS_RR クラスの提供する機能は、ネームサーバから返された リソースレコードの解析、ネームサーバに送るリソースレコードの生成、 そしてそれらのリソースレコードをオブジェクトのプロパティとして 扱うことです。

それぞれのリソースレコードオブジェクトは、必ず以下のプロパティを 含む必要があります。

  • name - リソースレコード(RR)の DNS 名

  • type - RR のタイプ

  • class - RR のレコードクラス(一般的には IN)

  • ttl - RR の有効期限

  • rdlength - rdata セクションのデータ量(バイト単位)

  • rdata - RR の右側のデータ(非圧縮)

サポートされている RR タイプを type に設定すると、 適切なプロパティの値が自動的に設定されます。RR オブジェクトの中身は、 RR のタイプに応じて変化します。

サポートされる RR タイプ

  • A

    • string address - IPv4 形式のアドレス

  • AAAA

    • string address - IPv6 形式のアドレス

  • CNAME

    • string cname - 問い合わせ対象ホストの別名

  • HINFO

    • string cpu - ホストの CPU 名

    • string os - ホストの OS 名

  • MX

    • integer preference - MX の優先度(小さいほうが優先される)

    • string exchange - メール交換ホストの名称

  • NAPTR

    • unknown order - 不明

    • unknown preference - 不明

    • unknown flags - 不明

    • unknown services - 不明

    • unknown regex - 不明

    • unknown replacement - 不明

  • NS

    • string nsdname - NS レコードのネームサーバ名

  • PTR

    • string ptrdname - 問い合わせ対象 IP アドレスの別名

  • SOA

    • string mname - SOA レコードで指定されている マスタネームサーバのホスト名 - 正確でなくてもよい

    • string rname - ゾーンの責任者のメールアドレス - 正確でなくてもよい

    • string serial - ゾーンのシリアル番号 (バージョン番号)

    • string refresh - ゾーンのリフレッシュ間隔

    • string retry - ゾーンのリフレッシュが失敗 した際の再試行間隔

    • string expire - リフレッシュが失敗した際に ゾーンのデータが無効になったと判断するまでの期間

    • string minimum - ゾーン内の RR について、 別途指定されていない場合の最小の有効期限

  • SRV

    • unknown preference - 不明

    • unknown weight - 不明

    • unknown port - 不明

    • unknown target - 不明

  • TSIG

    • integer time_signed - 署名が作成された時刻

    • integer fudge - クライアントとサーバの間で 許される時刻のずれ

    • integer mac_size - 後に続く署名データのサイズ

    • string/binary mac - 後に続くデータ

    • integer original_id - サーバとの間でやりとりされる問い合わせを識別するための識別子

    • integer error - 署名の検証に失敗した場合のエラー番号

    • integer other_len - 署名に追加するデータの量(バイト単位)

    • string other_data - ネームサーバが、署名のために要求する追加データ

    • string key - クライアントとサーバ間で認証を行うためのキー

  • TXT

    • string text - レコードで定義されているテキスト

DNS パケットを抽象化したオブジェクトを提供する (Previous) RFC 2136 DNS 更新 (Next)
Last updated: Sat, 22 Nov 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

Note by: mrdemeanour@jackpot.uk.net
Doc bug: $txtrecord->text may return an array, if the constructor is called with an offset.