I18Nv2::getInfo

I18Nv2::getInfo() – ロケール固有の情報を取得する

Synopsis

require_once 'I18Nv2.php';

mixed I18Nv2::getInfo ( string $part = = null )

Description

数値の桁区切り文字のような、ロケール固有の情報を取得します。 取得できる情報の内容は libc の実装に依存するので、常に信頼できるとは限りません - 特に Microsoft Windows においては。

ロケール固有の情報の取得

<?php
1  
require_once 'I18Nv2.php';
2  $locale I18Nv2::setLocale('en_US');
3  $thsep  I18Nv2::getInfo('thousands_separator');
4  $point  I18Nv2::getInfo('decimal_point');
?>

Parameter

string$part

取得したい情報の種類。

Return value

ロケール固有の情報、あるいはパラメータなしでコールした場合には 取得できる全情報を配列で返します。

Note

This function should be called statically.

See

I18Nv2::setLocale() および PHP の localeconv() も参照ください。

現在のロケール/直前のロケールを取得する (Previous) 出力文字セットの変換を自動的に行う (Next)
Last updated: Mon, 01 Sep 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.