Image_Text::set

Image_Text::set() – オプションを設定する

Synopsis

require_once 'ImageText.php';

bool Image_Text::set ( mixed $option , mixed $value = = null )

Description

単一もしくは複数のオプションを設定します。 オプションを変更後、Image_Text オブジェクトの再初期化が必要になるかも知れません。

設定可能なオプション
オプション 説明
x

テキストボックスのための左上の座標 (x/y を使用) もしくは中心点座標 (cx/cy を使用) 。cx/cy の値は x/y を上書きします。

y
cx
cy
canvas

キャンバスとしてさまざまな値を設定することができます:

  • gd 画像リソース

  • 'width' と 'height' を含む配列

  • 何もなし (キャンバスは実際のテキストサイズに従って測定されます)

antialias

これは通常 true です。 アンチエイリアスを無効にする場合 false に設定してください。

width

テキストボックスの幅と高さ。

height
halign

テキストボックス中でのテキストの配置。 垂直・水平位置を決定するために配置定数を使用してください。

valign
angle

テキストボックスを回転させる角度。

color

色値の配列。色は選択したモード (linewise もしくは paragraphwise) で循環します。 次のフォーマットで指定可能です:

  • HTML スタイルの 16 進 (+ オプションで先頭に アルファ値) で表現される文字列

  • 'r', 'g', 'b' とオプションで 'a' をキーとした整数値の配列

color_mode

独自の色セットのための色循環モード。 複数の色を定義した場合のみ適用されます。'line' もしくは 'paragraph' を使用してください。

background_color

背景色を定義します。背景を透明にしたい場合は NULL を使用します。 デフォルトは #000000 です。

enable_alpha

アルファチャネルを有効にするかどうか。 background_color を NULL に設定した場合は自動的に有効となります。 デフォルトは FALSE です。

font_path

使用するフォントの場所。

font_file
font_size

描画するテキストのフォントサイズ (もし自動測定を使用している場合上書きされます) 。

line_spacing

使用する輪郭線のスペーシング。 デフォルトは 0.5 です。

min_font_size

自動測定のための設定。 パフォーマンスのため可能な限り狭い範囲を指定してください。

max_font_size
max_lines

レンダリングする行の最大数。デフォルトは 100 です。

image_type

画像の種類 (画像種類の定数を使用してください) 。 デフォルトは PNG に設定されます。

dest_file

(オプションで) ファイルを保存する保存先。

Parameter

mixed $option

単一のオプション名、もしくはオプションの配列を指定します。

mixed $value

$option が文字列も場合のオプション値を指定します。

Return value

returns 成功時に True、そうでなければ PEAR::Error

Throws

throws 投げられる例外はありません

See

Image_Text::Image_Text()参照ください

Note

This function can not be called statically.

画像キャンバスを保存する (Previous) 色を設定する (Next)
Last updated: Sun, 23 Nov 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.