セッションの永続化

セッションの永続化 – この例では、複数のブラウザ間で "セッションクッキー" を使用してセッションを永続化させる方法を示します

解説

セッションを作成したら、それを参照するためにセッション ID を使用することになります。 セッション ID は、一般的にはクッキーに保存したり URI に含めたりします。

ブラウザを新たに立ち上げた際にセッション ID を覚えておけるようにするには、 クッキー方式がお勧めです。

クッキーの有効期限を延長する (標準では、ブラウザを閉じた時点で期限切れとなります) ために、PHP の session_set_cookie_params() を使用します。

session_set_cookie_params の使用法

<?php
require_once 'HTTP/Session2.php';

/**
 * クッキーパラメータの設定
 */
session_set_cookie_params(60*60*24// 有効期限は 24 時間
    
'/',                            // パス
    
'.example.org',                 // ドメイン
    
false,                          // "secure only"
    
true);                          // http のみ

HTTP_Session2::useCookies(true);

HTTP_Session2::start('s');
HTTP_Session2::setExpire(time() + 60*60*24); // 有効期限を 24 時間とします
HTTP_Session2::setIdle(time() + 60*60);      // アイドル時間を 1 時間とします

if (HTTP_Session2::isExpired()) {
    
HTTP_Session2::destroy();
}

if (
HTTP_Session2::isIdle()) {
    
HTTP_Session2::destroy();
}

HTTP_Session2::updateIdle();
?>
HTTP_Session2 でセッションデータをデータベースに保存する方法 (Previous) HTTP_Upload (Next)
Last updated: Wed, 22 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.