HTTP_Download::setContentDisposition

HTTP_Download::setContentDisposition() – Content-disposition をセットする

Synopsis

void HTTP_Download::setContentDisposition ( string $disposition = HTTP_DOWNLOAD_ATTACHMENT , string $file_name = null )

Description

ダウンロードするものの Content-disposition をセットします。

"Content-Disposition" は HTTP の仕様ではありませんが、 ほとんどのブラウザでこのヘッダをサポートしていますので、 MIME 標準から借りてきました。 このような感じです: "Content-Disposition: attachment; filename=example.tgz".

Parameter

  • string $disposition = HTTP_DOWNLOAD_ATTACHMENT - ダウンロードするもの ('attachment' あるいは 'inline') のディスポジションを指定します。

  • string $file_name = null - ブラウザのダウンロードウィンドウで表示されるファイル名を 指定します。

Note

This function can not be called statically.

"Last-Modified" をセットします (Previous) ファイルの Content-type を推測する (Next)
Last updated: Tue, 29 Jul 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.