setOption()

setOption() – テンプレートクラスのオプションを設定する

Synopsis

require_once 'HTML/Template/Sigma.php';

mixed HTML_Template_Sigma::setOption ( string $option , mixed $value )

Description

テンプレートクラスのオプションを設定します。現在は、以下のオプションが設定可能です。

preserve_data

TRUE に設定すると、 setVariable() および setGlobalVariable() で追加されたデータについて、変数の置換や未使用プレースホルダの削除を行いません。 バグ #20199 および #21951 も参照ください。 パフォーマンス上の理由により、デフォルトは FALSE です。

trim_on_save

キャッシュの保存時にテンプレートから余計な空白を取り除くかどうか。 通常はこのオプションを有効にしておくほうが安全ですが、 テンプレート内で <pre></pre> を使用している場合や HTML の字下げを保持したい場合は無効にします。 デフォルトは TRUE です。

charset

組み込みのコールバック 'h' および 'e' が使用する文字セット。 デフォルトは 'iso-8859-1' です。 リリース 1.2.0 以降で使用可能です。

Parameter

string $option

オプション名。

mixed $value

オプションの値。

Return value

成功した場合に SIGMA_OK、失敗した場合エラーオブジェクトを返します。

Throws

Possible PEAR_Error values
エラーコード エラーメッセージ 原因 対応
SIGMA_UNKNOWN_OPTION Unknown option '$option' $option は、Sigma で使用できません オプション名のスペルを確認します

Note

This function can not be called statically.

グローバル変数の値を設定する (Previous) テンプレートファイルのルートを設定する (Next)
Last updated: Thu, 27 Nov 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.