parse()

parse() – 指定したブロックをパースする

Synopsis

require_once 'HTML/Template/Sigma.php';

void HTML_Template_Sigma::parse ( string $block = '__global__' , boolean $flagRecursion = = false , boolean $fakeParse = = false )

Description

指定したブロックをパースします。 ブロック内にあらわれるローカル変数およびグローバル変数を置換し、 setVariable() および setGlobalVariable() で値を設定し、すべてのコールバック関数をコールしたうえで 配下のブロックを再帰的に処理します。

Parameter

string $block

ブロック名。

boolean $flagRecursion

関数が再帰的にコールされる場合に TRUE を設定します (自分で TRUE に設定しないでください!)。

boolean $fakeParse

"hidden" ブロックをパーすする場合に TRUE を設定します (自分で TRUE に設定しないでください!)。

Throws

Possible PEAR_Error values
エラーコード エラーメッセージ 原因 対応
SIGMA_BLOCK_NOT_FOUND Cannot find block '$block' ブロック $block がテンプレート内に存在しません ブロックの名前を調べ、必要なブロックをすべてテンプレートに追加したかどうかを調べます

See

HTML_Template_Sigma::parseCurrentBlock() も参照ください。

Note

This function can not be called statically.

テンプレートファイルを読み込む (Previous) 現在のブロックをパースする (Next)
Last updated: Wed, 22 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.