loadTemplateFile()

loadTemplateFile() – テンプレートファイルを読み込む

Synopsis

require_once 'HTML/Template/Sigma.php';

mixed HTML_Template_Sigma::loadTemplateFile ( string $filename , boolean $removeUnknownVariables = = true , boolean $removeEmptyBlocks = = true )

Description

テンプレートファイルを読み込みます。キャッシングを有効にしている場合は、 まず "準備された" テンプレートが存在するかどうかを調べます。 存在する場合は、もとのテンプレートの代わりにそれを読み込みます。 存在しない場合は、もとのテンプレートを読み込んで準備し、 その準備したバージョンを保存します。 addBlockfile() および replaceBlockfile() は、まったく同じロジックを実装しています。

Parameter

string $filename

ファイル名。

boolean $removeUnknownVariables

未知の/使用していない変数を削除するかどうか?

boolean $removeEmptyBlocks

空のブロックを削除するかどうか?

Return value

成功した場合に SIGMA_OK、 失敗した場合にエラーオブジェクトを返します。

Throws

Possible PEAR_Error values
エラーコード エラーメッセージ 原因 対応
SIGMA_TPL_NOT_FOUND Cannot read the template file '$filename' 何らかの理由でファイルが読み込めません ファイルが存在するかどうか、そして適切な権限が設定されているかどうかを調べます
SIGMA_CACHE_ERROR Cannot save template file 'filename' 準備したテンプレートファイルが保存できません キャッシュ用のディレクトリが存在するかどうか、そしてスクリプトから書き込み可能かどうかを調べます
SIGMA_BLOCK_DUPLICATE The name of a block must be unique within a template. Block 'blockname' found twice. 読み込んだファイルにふたつのブロックが含まれており、それらの名前が重複しています ファイルを調べ、いずれかのブロック名を別のものに変更します
SIGMA_CALLBACK_SYNTAX_ERROR Cannot parse template function: (error description) テンプレート関数のパラメータが間違っています テンプレート関数の定義を修正します。 クォートのしかた に注意してください

See

HTML_Template_Sigma::setTemplate()HTML_Template_Sigma::$removeUnknownVariablesHTML_Template_Sigma::$removeEmptyBlocks も参照ください。

Note

This function can not be called statically.

たとえそれが "空" でなくてもブロックを隠す (Previous) 指定したブロックをパースする (Next)
Last updated: Tue, 23 Sep 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.