最終処理 & 出力

変数の設定とブロックのパースが完了したら、 いよいよ結果をクライアントに出力するときです。 まず必要なことは、ファイルハンドルの内容を parse() して新しいハンドルを作成することです。

未使用の変数やブロックを削除するために、 finish() をコールすることになるでしょう。 unknowns に設定した値 (コンストラクタの二番目の引数か、あるいは setUnknowns() を使用します) に応じて、未使用の変数の扱いが 削除 (remove)、 そのまま保持 (keep) あるいはコメントアウト (comment) のいずれかとなります。

HTML を出力するには、finish() の返り値を直接使用するか、あるいは get() を使用して内容を取得します。

ファイルの終了と、その書き出し

<?php
$t
->parse('OUT''authors');
$htmlcode $t->finish(
    
$tpl->get('OUT')
);
echo 
$htmlcode;
?>

ファイルの終了とその書き出し、簡単な方法

<?php
echo $tpl->finish($t->parse('OUT''authors'));
?>
ブロックのパース (Previous) HTML_Template_Sigma (Next)
Last updated: Wed, 16 Apr 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.