{variable}

{variable} – 変数を表示するための PHP コードを作成する

Synopsis

使用法 ( {variable} , {variable:h} , {variable:u} )

Description

変数を表示するための PHP コードを作成します。 オプションで修正子を指定できます。指定できる修正子は次のとおりです

  • 修正子なし - htmlspecialchars($variable) を行います
  • :h - なにも手を加えずに表示します
  • :u - urlencode($variable) を表示します

デフォルトでは、変数は呼び出し元のスコープにあるとみなされ、 先頭に $t-> がつきます。しかし、もしループ (foreach) 内に変数があるのなら、 ループで作成された変数はそのスコープに追加されるので先頭には何もつきません。

Example

オブジェクト変数の設定

         

$this->a = "hello >>";
$template->outputObject($this);

変数の出力

   
       
{a}
{a:h}
{a:u}

コンパイルされたテンプレート

         
       
<?php echo htmlspecialchars($t->a); ?>
<?php echo  $t->a; ?>
<?php echo urlencode($t->a); ?>

シンプルな出力例

         
      
hello &gt;&gt;
hello >>
hello+%3E%3
要素のプレフィックスを設定する (Previous) PHP のメソッドコールを作成し、結果を表示する (Next)
Last updated: Thu, 30 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

Note by: alan_k
Full list of modifiers:

:h - raw output - be carefull!
:u - urlencode()
:r - print_r()
:n - number_format using options['numberFormat']
:b - nl2br(htmlspecialchars())
:e - htmlentities()
NONE -htmlspecialchars()
:OTHER - uses plugin mechanism