<TEXTAREA NAME="name">

<TEXTAREA NAME="name"> – textarea の値用の PHP 変数を作成する

Synopsis

使用法 ( <TEXTAREA NAME="name"> )

Description

フォーム名とタグ名をもとにした値でフォームを埋めます。 flexyignore を使用した場合は、そのままになります (あるいは body や form が flexyignore タグを保持している場合、それがそのままになります)。

Example

要素を使用してテンプレートを変更する

<?php
$form 
= new HTML_Template_Flexy();
$form->compile('some_file_name');

// インスタンスを作成します (詳細は何も設定する必要がないことに注意しましょう)

$elements['test'] = new HTML_Template_Flexy_Element;

// 属性を変更します
$elements['test']->attributes['class'] = 'bold';

// 値を設定します
$elements['test']->setValue('Fred');


$form->outputObject(new StdClass$elements);

// 以下の例では新しく追加したデータは既存の属性用になります
?>

テンプレートの例

<BODY>
  <FORM name="XXXX" flexy:ignoreonly="yes">

    <textarea name="test"></textarea>


  </FORM>
</BODY>

コンパイルされたテンプレート

<BODY>
  <FORM name="XXXX">

    <?php echo $this->elements['test']->toHtml();?>


  </FORM>
</BODY>

テンプレートからの出力

<BODY>
  <FORM name="XXXX">

     <textarea name="test" class="bold">Fred</textarea>

  </FORM>
</BODY>
入力値用の PHP の変数を作成する (Previous) select リストのための PHP 変数およびコードを作成する (Next)
Last updated: Fri, 18 Apr 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.