Edited By

Shoma Suzuki

導入

導入 – HTML_TagCloud の導入

概要

このパッケージはタグクラウドHTMLCSS で作成します。 タグクラウドは、いわゆる "タグ" あるいはキーワードをリスト表現で可視化したもので、 そのページ/ブログ内での登場頻度によってフォントサイズが変わります。

タグクラウドについての詳細は WikiPedia を参考にしてください。

このパッケージは頻度だけでなく、時間経過の情報も可視化します。 新しいタグは濃い色で、古いタグは薄い色で表現することができます。

簡単な使用例

簡単な例

<?php
require_once 'HTML/TagCloud.php';

$tags = new HTML_TagCloud();
// 要素を追加します
$tags->addElement('PHP'       ,'http://www.php.net'  39strtotime('-1 day'));
$tags->addElement('XML'       ,'http://www.xml.org'  21strtotime('-2 week'));
$tags->addElement('Perl'      ,'http://www.xml.org'  15strtotime('-1 month'));
$tags->addElement('PEAR'      ,'http://pear.php.net' 32time());
$tags->addElement('MySQL'     ,'http://www.mysql.com'10strtotime('-2 day'));
$tags->addElement('PostgreSQL','http://pgsql.com'    ,  6strtotime('-3 week'));
// HTML および CSS を出力します
print $tags->buildALL();
?>

上のサンプルコードは5つの要素を持つタグクラウドを作成します。 最も多く使用された "PHP" というタグが最も大きい 文字になります。 最も新しい "PEAR" というタグが最も濃い色になります。 タグはアルファベット順にソートされ、HTMLエスケープされます。

HTML_TagCloud (Previous) HTML_TagCloud の利用 (Next)
Last updated: Tue, 21 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.