HTML_Table::setCellContents()

HTML_Table::setCellContents() – セルの内容を設定する

Synopsis

require_once 'HTML/Table.php';

void HTML_Table::setCellContents ( int $row , int $col , mixed $contents , string $type='TD' , int $body=0 )

Description

既存のセルに対してセルの内容を設定します。指定したインデックスが存在せず、 かつ autoGrowTRUE の場合は、 指定した行や列が自動的に追加されます。 autoGrowFALSE の場合はエラーが返されます。

Parameter

  • int $row - 行インデックス。

  • int $col - 列インデックス。

  • mixed $contents - HTML か、あるいは任意のオブジェクトに toHTML() メソッドを適用したもの。

  • string $type - セルの型。'th' あるいは 'td' のいずれか。

  • int $body - 使用する tbody グループの番号。

Throws

Possible PEAR_Error values
エラーコード エラーメッセージ 意味 対応
  " Invalid table row reference [$row] " $row が存在しません autoGrow 機能を有効にします
  " Invalid table column reference [$column] " $column が存在しません autoGrow 機能を有効にします

Note

This function can not be called statically.

セルの属性を設定する (Previous) 列の属性を設定する (Next)
Last updated: Mon, 01 Sep 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.