1. 導入
  2. Gtk2_VarDump
    の再利用

Gtk2_VarDump の再利用

Gtk2_VarDump の再利用 – アプリケーションに埋め込む方法

Gtk2_VarDump の再利用

Gtk2_VarDump はふたつの部分で構成されています。 左側のツリーには出力する変数の構造が表示され、 右側のリストにはキーと値が表示されます。 これらはペイン上に配置されており、このペインはメインウィンドウに属しています。

変数の値を出力したい、しかもそれを自分のアプリケーションに直接組み込みたい。 新しいウィンドウが開くのはいやだ - そんな場合はどうすればいいのでしょうか。Gtk2_VarDump には、そんなときのための仕掛けもあります。既存のクラスを再利用できるのです。

Gtk2_VarDump_Pane

Gtk2_VarDump_Pane は、 ツリーとリストのコンテナです。このインスタンスを作成し、 自分のインターフェイスに追加して setVariable() メソッドをコールすると、 変数の内容を表示させることができます。 このメソッドの最初の引数は表示したい変数、 そしてオプションの二番目の引数にはタイトルを指定します。

Gtk2_VarDump_Tree

Gtk2_VarDump_TreeGtkTreeView を継承したクラスで、 通常はスクロールバーがありません。これを GtkScrolledWindow に追加することを忘れないでください。 このクラスは Gtk2_VarDump_Pane と同様に setVariable() メソッドを持っています。 このメソッドは、表示したい変数を受け取ります。また、オプションで、 ルート要素で使用するタイトルも指定できます。

ツリーにはもうひとつメソッドがあります。setList() を使用して、値を表示するリストウィジェットを設定します。 リストウィジェットにも setVariable() メソッドが必要であることに注意しましょう。 ツリーの選択状態が変わるたびに、リストの setVariable() メソッドがコールされます。

Gtk2_VarDump_List

Gtk2_VarDump_ListGtkTreeView を継承したクラスで、 単純な キー/値 の組を表示します。他の二つのクラスと同様、このクラスにも setVariable() メソッドがあります。 最初のパラメータで表示したい変数を指定し、 オプションの二番目のパラメータでタイトルを指定します。

Gtk2_VarDump について (Previous) HTML (Next)
Last updated: Thu, 30 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.