導入

導入 – Gtk2_VarDump について

Gtk2_VarDump について

Gtk2_VarDump は、PHP の変数、 たとえば複雑な配列やオブジェクトなどを扱うためのシンプルな GUI です。 変数、その中に含まれる変数/配列のキー/サブオブジェクト を左ペイン (GtkTreeView) に表示し、その内容を右側のリストビューに表示します。

このクラスの使い方は簡単です。単にファイルをインクルードし、 内容を表示したい変数を指定して静的メソッド display をコールするだけです。

Gtk2_VarDump による変数の表示

<?php
// ファイルをインクルードします
require_once 'Gtk2/VarDump.php';

$myvar = array(
    
'hello'=> 'world',
    array(
123'blubb')
);

// 変数の内容を、ウィンドウ上にグラフィカルに出力します
Gtk2_VarDump::display($myvar'variable title');
?>
Gtk2_VarDump (Previous) アプリケーションに埋め込む方法 (Next)
Last updated: Wed, 23 Apr 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.