使用法

使用法 – Gtk2_PHPConfig の使用法

Gtk2_PHPConfig の使用法

シンプルな設定 GUI

<?php

require_once("Gtk2/PHPConfig.php");

switch (
$argc) {
    case 
1:
        
$test = new Gtk2_PHPConfig(NULL);
        
Gtk::main();
        break;
    case 
2:
        if (
file_exists($argv[1])) {
            echo 
"\nINI ファイルのパース中です... 気長にお待ちください...\n";
            
$test = new Gtk2_PHPConfig($argv[1]);
            
Gtk::main();
            break;
        } else {
            echo 
"\nファイルがありません!\n";
        }
    default:
        echo 
"\n使用法: gtk2_phpconfig [INI ファイル]\n";
        echo 
"[INI File] はオプションの引数です。
        編集したいファイルを指定します。"
;
        echo 
"\n引数を指定しない場合、新しい INI ファイルを作成します\n\n";
        exit();
}

?>

この例は、 Gtk2_PHPConfig パッケージをインストールすると 実際に gtk2_phpconfig という名前で /usr/bin (*nix システムの場合) にできあがります。

このスクリプトは、オプションの引数をひとつ受け取ります。 編集したい ini ファイルをここで指定します。 指定しなかった場合は、新しいファイルを作成します。

Gtk2_PHPConfigGtkWindow を継承したクラスであり、 それ自体をアプリケーションとして扱えます。 そのため、内部で使用するメソッドは、エンドユーザにとってはあまり意味はありません。 しかし、もしこのクラスをカスタマイズしたいとか 単に動作原理を知りたいといった場合は API ドキュメントを参照するといいでしょう。

Gtk2_PHPConfig について (Previous) Gtk2_ScrollingLabel (Next)
Last updated: Thu, 30 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.