導入

導入 – Gtk2_ExceptionDump の使用法

Gtk2_ExceptionDump について

Gtk2_ExceptionDump は、 PHP スクリプトで発生しうる一般的なエラーや警告を捕捉し、表示します。 処理できるものは、PHP のエラー、注意、警告 そして PEAR Error や他で捕捉されなかった例外です。 これらが Gtk2 ウィンドウ上のツリービューに表示されます。 エラーメッセージやバックトレースも表示されます。

いちばん簡単な方法は、クラスがすべて自動で処理できるようにすることです。 どのエラーを捕捉するかを「すべて、PHP エラー、PEAR エラー、 未捕捉の例外」のいずれかから指定できます。 指定するためには、以下のメソッドを使用します。

  • setupExceptionHandler()

  • setupPearErrorHandler()

  • setupPhpErrorHandler()

  • setupAllHandlers()

Gtk2_ExceptionDump ですべてのエラーを処理させる

<?php
require_once 'Gtk2/ExceptionDump.php';
Gtk2_ExceptionDump::setupAllHandlers();
?>

例外を手動で処理する

Gtk2_ExceptionDump にすべてを任せたくない場合は、 たとえば catch() 文の中で自分でウィンドウを表示します。

例外の手動処理

<?php
try {
    
// 例外を発生させるような
    // 処理を行います
} catch (Exception $e) {
    require_once 
'Gtk2/ExceptionDump.php';
    
Gtk2_ExceptionDump::display($e);
}
?>

他の例

他のパッケージと同様、いろいろなサンプルが doc ディレクトリ /path/to/pear/docs/Gtk2_ExceptionDump/examples/ にあります。

Gtk2_ExceptionDump (Previous) アプリケーションに埋め込む方法 (Next)
Last updated: Wed, 27 Aug 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.