Gtk_ScrollingLabel::setBounce

Gtk_ScrollingLabel::setBounce – テキストを、ラベルの両端で反転させるようにする

Synopsis

require_once 'Gtk/ScrollingLabel.php';

boolean Gtk_ScrollingLabel::setBounce ( boolean $bounce )

Description

$bouncetrue にすると、 最初の文字が可視ウィンドウの左端に達するまで左スクロールし、 そこから右に反転します。最後の文字が可視ウィンドウの右端に達すると、 再度左向きにスクロールします。

スクロールさせるテキストを一度に表示させることができない場合は、 テキストの反転はお望みのような結果になりません。そのため、 テキストの長さは、可視領域の長さより最低一文字は短くしておくことを推奨します。

Parameter

  • boolean $bounce - テキストがラベルの端に達した場合にスクロール方向を反転するかどうか。

Return value

returns Whether or not the text is set to bounce

Note

This function can not be called statically.

ラベルのテキストをリセットせずに、スクロールを停止する (Previous) startScroll メソッドを、指定したイベントに接続する (Next)
Last updated: Sat, 20 Sep 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.