1. 導入
  2. ウィジェットのサ
    ポート

ウィジェットのサポート

ウィジェットのサポート – さまざまなウィジェット型からのドロップの処理

ネイティブにサポートしているウィジェット

デフォルトでは、ドロップされたファイルがウィジェットに表示されます。 たとえば、ファイルを GtkEntry にドロップすると、 ウィジェットのテキストがファイル名で上書きされます。

すべてのウィジェットがこのように単純に済ませられるわけではないので、 Gtk_FileDrop はさまざまな型のウィジェットクラスに対して 組み込みのサポート機能を提供しています。

ウィジェットのサポート
ウィジェットクラス 動作
GtkEntry エントリの値が最初のファイルで置き換えられます。
GtkLabel ラベルのテキストが最初のファイルで置き換えられます。
GtkButton 子が GtkLabel の場合にのみ、 ラベルのテキストが最初のファイルで置き換えられます。
GtkToggleButton 子が GtkLabel の場合にのみ、 ラベルのテキストが最初のファイルで置き換えられます。
GtkRadioButton 子が GtkLabel の場合にのみ、 ラベルのテキストが最初のファイルで置き換えられます。
GtkCheckButton 子が GtkLabel の場合にのみ、 ラベルのテキストが最初のファイルで置き換えられます。
GtkCombo エントリのテキストが最初のファイルで置き換えられます。 リストには影響を及ぼしません。
GtkFileSelection ファイルダイアログのファイル名が、最初にドロップされたファイルに設定されます。 ディレクトリはそのファイルのディレクトリに変更され、 ファイル名 (ディレクトリを除いた部分) がファイル名欄に表示されます。
GtkList 有効なファイルがすべてリストの最後に追加されます。

自動処理とは別に attach の三番目のパラメータでコールバックを指定することができます。 これはウィジェット自身からコールされ、 有効なファイルの配列をパラメータとして受け取ります。

なぜ Gtk_FileDrop を使うのか? (Previous) Gtk_FileDrop の使用法 (Next)
Last updated: Sat, 25 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.