File::writeLine()

File::writeLine() – ファイルに 1 行書き込む

Synopsis

require_once 'File.php';

mixed File::writeLine ( string $filename , string $line , string $mode = FILE_MODE_APPEND , string $crlf = "\n" , mixed $lock = = false )

Description

ファイルに 1 行書き込み、デフォルトで改行を追加します。

Parameter

  • $filename - 書き込むファイルの名前。

  • $line - ファイルに書き込む行データ。

  • $mode - 書き込みモード。 FILE_MODE_WRITE あるいは FILE_MODE_APPEND のいずれか。デフォルトは追記。

  • $crlf - システムで使用しているキャリッジリターン / ラインフィード。デフォルトは LF (\n) ですが任意のものを指定できます。Unix では \n、 Windows では \r\n、そして Mac OS では \r を使用します。

  • $lock - ファイルをロックするかどうか。

Return value

エラーが発生した場合は PEAR_Error を返します。すべてがうまくいった場合は書き込んだバイト数 (crlf も含む) を返します。

Example

File::writeLine() の使用

<?php
require_once 'File.php';

$e File::writeLine('test.txt'str_repeat("0123456789"1000));

if (
PEAR::isError($e)) {
    echo 
'ファイルへ書き込めませんでした : ' $e->getMessage();
} else {
    echo 
"ファイル test.txt への書き込みに成功しました\n";
}
?>
ファイルに 1 文字を書き込む (Previous) File_Find (Next)
Last updated: Tue, 29 Jul 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.