File_SMBPasswd::modAccount()

File_SMBPasswd::modAccount() – 与えられたプレーンテキストなパスワードで既存のアカウントを修正する

Synopsis

mixed File_SMBPasswd::modAccount ( string $user , int $userid , string $pass = '' , string $comment = '' , string $flags = '' )

Description

このメソッドは パスワードがプレーンテキストで与えられる必要があることを除き、 File_SMBPasswd::modAccountEncrypted() と同様に動作します。 暗号化は内部で行われます。

Parameter

  • string $user - 修正するユーザー名

  • int $userid - ユーザーのユーザーID

  • string $pass - プレーンテキストでのパスワード

  • string $comment - コメント

  • string $flags - フラグ

Return value

mixed - Returns TRUE on success, PEAR_Error on failure.

Note

This function can not be called statically.

Example

File_SMBPasswd::modAccount() の使用例

<?php
require_once 'File/SMBPasswd.php';

// ユーザー mbretter を修正する
$fh = new File_SMBPasswd('/usr/local/private/smbpasswd');
$fh->load();
$status $fh->modAccount(
    
'mbretter',
    
1005,
    
'MyPwa',
    
'Michaela Bretterklieber');
if (
PEAR::isError($status)) {
    
// エラーを処理する
} else {
    
$fh->save();
}

?>
あらかじめ暗号化されたパスワードで既存のアカウントを修正する (Previous) 与えられたプレーンテキストなパスワードで既存のアカウントを修正する (Next)
Last updated: Fri, 24 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.