Archive_Tar::addString()

Archive_Tar::addString() – アーカイブに文字列を追加する

Synopsis

require_once 'Archive/Tar.php';

boolean addString ( string $filename , string $content )

Description

このメソッドは文字列 content をファイル名 filename を持つファイルとしてアーカイブに追加します。

もしアーカイブが存在しない場合、アーカイブを生成しようと試みます。

Parameter

  • string $filename - アーカイブに追加される文字列に関連付けられるパスとファイル名を 指定します。

  • string $content - ファイルとしてアーカイブに追加する文字列を指定します。

Return value

boolean - Returns TRUE on success, FALSE on failure.

Throws

Possible PEAR_Error values
エラーコード エラーメッセージ 理由 解決法
NULL "Unable to open in write mode file name" 既存ファイルへのファイル権限が書き込みを許可していない、 もしくはファイルがロックされています。 権限やファイルを使用しているプログラムの競合を確認してください。
NULL "Unable to open file filenamein binary read mode" アーカイブに追加するファイルを読み込むことができませんでした。 関数の引数のタイプミスやファイル権限を確認してください。

Note

This function can not be called statically.

Example

圧縮されたアーカイブに文字列を追加する

<?php
$tar_object 
= new Archive_Tar("tarname.tgz");
$content "this file was generated from a string";
$tar_object->addString("data/readme.txt"$content);
// 以下の名前のファイルがアーカイブ内に生成される :
//   data/readme.txt
?>
1 つのファイルを伸長し文字列として返す (Previous) File (Next)
Last updated: Thu, 18 Dec 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.