導入

導入 – File_DICOM の使用法

DICOM とは?

File_DICOM は、DICOM ファイルの読み込みと変更を行います。DICOM は Digital Imaging and COmmunications in Medicine の略で、 デジタル画像 (X 線やトモグラフィー) やそれに関連する情報の作成、 保存および交換のための標準規格で、医療の現場で使用されます。 このパッケージは、個々の DICOM データの交換/移動はサポートしていません。 また、ネットワーク関連の機能もサポートしていません。 DICOM 標準についての詳細な情報は NEMA のサイト を参照ください。

作者として、 このパッケージで作成した情報をもとに診断を行うことは推奨しません。 その理由についての詳細は ここ を参照ください。

使用法

File_DICOM は、ふたつの目的のために使用します。 まずはファイル (画像データを含む) からデータを取得すること、 そして新しい値をそのデータに取得 (そして変更をファイルに書き戻す) ことです。

DICOM から関連するデータを取得し、画像データを同時にエクスポートする方法を見てみましょう。

データの表示

<?php
require_once('File/DICOM.php');

$dicom = new File_DICOM();
$res $dicom->parse("test.dcm");

// エラーチェック
if (PEAR::isError($res)) {
    die(
"Error: ".$res->getMessage()."\n");
}

// DICOM の属性の一部を、グループおよび要素インデックスを使用して表示します
echo 'StudyDate : '.$dicom->getValue(0x00080x0020)."\n";
echo 
'Image Date : '.$dicom->getValue(0x00080x0023)."\n";
echo 
'Image Type : '.$dicom->getValue(0x00080x0008)."\n";
echo 
'Study Time : '.$dicom->getValue(0x00080x0030)."\n";
echo 
'Institution Name : '.$dicom->getValue(0x00080x0080)."\n";
echo 
'Manufacturer : '.$dicom->getValue(0x00080x0070)."\n";
echo 
'Manufacturer Model Name : '.$dicom->getValue(0x00080x1090)."\n";
// あるいは要素名を指定します
echo 'Patient Name : '.$dicom->getValue('PatientName')."\n";
echo 
'Patient Age : '.$dicom->getValue('PatientAge')."\n";

// PGM 画像をファイルから取得します
$res $dicom->dumpImage('test.pgm');
if (
PEAR::isError($res)) {
    die(
"Error: ".$res->getMessage()."\n");
}
?>
File_DICOM (Previous) コンストラクタ (Next)
Last updated: Wed, 16 Apr 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.