行 – vCards の内部

説明

vCard の各行が、vCard のコンポーネントになります。 コンポーネントの行は、次の三つから構成されています。

  • コンポーネントの型の定義 (NADRTEL など)

  • オプションで指定する、コンポーネントのパラメータ。たとえば バイナリエンコードされているかどうかや、データの型 (home/work/preferred/など) など。

  • コンポーネントの値 (単一のテキスト、複数のテキスト、 あるいは構造化されたテキスト)。

たとえば次のような行を見てみましょう。


ADR;TYPE=WORK,PREF:;;123 Main;Beverly Hills;CA;90210;US
EMAIL;TYPE=HOME;TYPE=INTERNET:nobody@example.com
CATEGORIES:Personal,Business,Family
PHOTO;TYPE=JPEG;VALUE=URI:http://example.com/photo.jpg

一行目は ADR 型 (連絡先の住所) の定義です。 TYPE パラメータが WORK および PREF に設定されています。 これは、この住所が職場のものであり、配送先として推奨するものであることを表します。 最後に、このコンポーネントの値が構造化テキストで定義されています。 構造化テキストの値は、ADR コンポーネントの場合はセミコロンで区切られます。 それぞれの値は p.o. box、extended address、street address、city/locality、 state/region、zip/postal code そして country を表します。

二行目は EMAIL 型 (email アドレス) の定義です。 TYPE パラメータが HOME および INTERNET に設定されています (つまり、家で使うためのインターネットメールアドレスということです)。 コンポーネントの値は単一のテキストで、これが email アドレスを表します。

三行目は CATEGORIES 型 (この vCard の全般的な分類) の定義です。 このコンポーネントにはパラメータはありません。 コンポーネントの値は繰り返しテキストで、 繰り返されるテキストはカンマ区切りとなります。

四行目は PHOTO 型 (個人の写真) の定義です。パラメータで、写真の TYPEJPEG (vCard デコーダに対して、この PHOTO の値を処理する際のヒントを指定しています)、 そして VALUEURI (外部の画像ファイルへのリンク) であることを指定しています。 最後に、コンポーネントの値がテキストで指定されています。 この場合は、写真の URI です。

vCard に保存するデータ (Previous) その他の vCard プロジェクト (Next)
Last updated: Sun, 20 Apr 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.