導入

導入 – vCard 2.1 や 3.0 のテキストブロックの作成および取得

説明

せっかちな人のための、手っ取り早い説明です :-)

  • Contact_Vcard_Parse を PEAR アーカイブからダウンロードし、展開します。

  • PHP スクリプトで Contact_Vcard_Parse.php をインクルードします。

  • 新しい Contact_Vcard_Parse オブジェクトのインスタンスを作成します。

  • fromFile() メソッドを使用して、 ひとつあるいは複数の vCard が含まれるファイルをパースします。 手始めに sample.vcf からはじめてみましょう。 Contact_Vcard_Parse は、 2.1 および 3.0 のどちらの形式の vCard ファイルでも扱えます。

  • print_r() を使用して、 ファイルをパースした結果の配列を見ます。

  • データに対していろいろな作業を行います。 たとえばテーブルに格納したりなどです。

サンプルコード

<?php
    
// クラスファイルをインクルードします
    
require_once 'Contact_Vcard_Parse.php';

    
// パーサオブジェクトを作成します
    
$parse = new Contact_Vcard_Parse();

    
// vCard ファイルをパースし、データを
    // $cardinfo に保存します
    
$cardinfo $parse->fromFile('sample.vcf');

    
// カードの情報を配列で見ます
    
echo '<pre>';
    
print_r($cardinfo);
    echo 
'</pre>';

?>
Contact_Vcard_Parse (Previous) ファイルからのデータの取得 (Next)
Last updated: Fri, 24 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.