導入

導入 – vCard 2.1 および 3.0 のテキストブロックを作成して読み込む

Contact_Vcard_Build について

プログラム上でバージョン 2.1 あるいは 3.0 の vCard を作成し、vCard テキストを読み込みます。

簡単な手順

  • Contact_Vcard_Build を PEAR アーカイブからダウンロードし、展開します。

  • PHP スクリプトで Contact_Vcard_Build.php をインクルードします。

  • 新しい Contact_Vcard_Build オブジェクトのインスタンスを作成します (デフォルトでは vCard のバージョンは 3.0 となりますが、 2.1 の vCards もサポートしています)。

  • 値やパラメータを vCard に設定あるいは追加します。

  • 完成した vCard を読み込み、print_r() を使用して結果を見ます。

サンプルコード

<?php

    
// クラスファイルをインクルードします
    
require_once 'Contact_Vcard_Build.php';

    
// ビルダオブジェクトを作成します
    // (デフォルトはバージョン 3.0 です)
    
$vcard = new Contact_Vcard_Build();

    
// フォーマットされた名前を設定します
    
$vcard->setFormattedName('Bolivar Shagnasty');

    
// 構造化された名前のパーツを設定します
    
$vcard->setName('Shagnasty''Bolivar''Odysseus',
        
'Mr.''III');

    
// 職場の email を追加します。まず値を追加した後で
    // パラメータを設定していることに注意しましょう。
    // Contact_Vcard_Build は、パラメータをきちんと
    // 正しい位置に追加します。
    
$vcard->addEmail('boshag@example.com');
    
$vcard->addParam('TYPE''WORK');

    
// 家で使用するお気に入りの email を追加します
    
$vcard->addEmail('bolivar@example.net');
    
$vcard->addParam('TYPE''HOME');
    
$vcard->addParam('TYPE''PREF');

    
// 職場の住所を追加します
    
$vcard->addAddress('POB 101''Suite 202''123 Main',
        
'Beverly Hills''CA''90210''US');
    
$vcard->addParam('TYPE''WORK');

    
// vCard に戻り、内容を表示します
    
$text $vcard->fetch();
    echo 
'<pre>';
    
print_r($text);
    echo 
'</pre>';
?>

vCard 2.1 と vCard 3.0 の違い

2.1 の仕様では、CRLF (\r\n) を改行に使用しています。 以下のコンポーネントとパラメータが使用可能です。

  • パラメータ

    • TYPE は DOM, INTL, POSTAL, PARCEL, HOME, WORK, PREF, VOICE, FAX, MSG, CELL, PAGER, BBS, MODEM, CAR, ISDN, VIDEO, AOL, APPLELINK, ATTMAIL, CIS, EWORLD, INTERNET, IBMMAIL, MCIMAIL, POWERSHARE, PRODIGY, TLX, X400, GIF, CGM, WMF, BMP, MET, PMB, DIB, PICT, TIFF, PDF, PS, JPEG, QTIME, MPEG, MPEG2, AVI, WAVE, AIFF, PCM, X509, あるいは PGP。

    • ENCODING は 7BIT, 8BIT, BASE64, QUOTED-PRINTABLE。

    • VALUE は INLINE, CONTENT-ID, CID, URL, VCARD。

    • CHARSET は任意の ISO 文字セット。

    • LANGUAGE は非常に寛大で、基本的には a-z, A-Z, 0-9, およびダッシュ (-) で構成されているものであれば何でも指定できます。

  • コンポーネントおよびメソッド

    • VERSION (setVersion())

    • FN (setFormattedName())

    • N (setName())

    • PHOTO (setPhoto())

    • BDAY (setBirthday())

    • ADR (addAddress())

    • LABEL (addLabel())

    • TEL (addTelephone())

    • EMAIL (addEmail())

    • MAILER (setMailer())

    • TZ (setTZ())

    • GEO (setGeo())

    • TITLE (setTitle())

    • ROLE (setRole())

    • LOGO (setLogo())

    • AGENT (setAgent())

    • ORG (addOrganization())

    • NOTE (setNote())

    • REV (setRevision())

    • SOUND (setSound())

    • URL (setURL())

    • KEY (setKey())

3.0 の仕様では、LF (\n) を改行に使用しています。 以下のコンポーネントとパラメータが使用可能です。

  • パラメータ

    • TYPE は 2.1 の任意の TYPE 値、あるいはその他 a-z, A-Z, 0-9, およびダッシュ (-) のみで構成されるものなら何でも指定できます。

    • ENCODING は 8BIT および B ("binary")。

    • VALUE は BINARY, PHONE-NUMBER, TEXT, URI, UTC-OFFSET, あるいは VCARD。

  • コンポーネントおよびメソッド

    • VERSION (setVersion())

    • FN (setFormattedName())

    • N (setName())

    • NAME (setSourceName())

    • SOURCE (setSource())

    • NICKNAME (addNickname())

    • PHOTO (setPhoto())

    • BDAY (setBirthday())

    • ADR (addAddress())

    • LABEL (addLabel())

    • TEL (addTelephone())

    • EMAIL (addEmail())

    • MAILER (setMailer())

    • TZ (setTZ())

    • GEO (setGeo())

    • TITLE (setTitle())

    • ROLE (setRole())

    • LOGO (setLogo())

    • AGENT (setAgent())

    • ORG (addOrganization())

    • CATEGORIES (addCategories())

    • NOTE (setNote())

    • PRODID (setProductID())

    • REV (setRevision())

    • SORT-STRING (setSortString())

    • SOUND (setSound())

    • UID (setUniqueID())

    • URL (setURL())

    • CLASS (setClass())

    • KEY (setKey())

Contact_Vcard_Build (Previous) Contact_VCard_Build の使用法 (Next)
Last updated: Tue, 25 Nov 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.