導入

導入 – 暗号化

CHAP - チャレンジハンドシェイク認証プロトコル (Challenge Handshake Authentication Protocol)

CHAP は通常は PPP (Point-to-Point Protocol) ソフトウェアに認証サブシステムとして組み込まれています。 CHAP を使用すると、平文のパスワードを危険なリンク上に送信することが防げます。 伝統的な CHAP-MD5 は、パスワードを平文でサーバ上に保存しなければなりません。 MS-CHAP ではこの必要はありませんが、やはりパスワードを NT ハッシュや LAN-Manager ハッシュで保存しなければなりません。 LAN-Manager ハッシュは強力でないため、使用すべきではありません。

このパッケージは 3 つのクラスから構成されます。

Crypt_CHAP::Crypt_CHAP は、抽象基底クラスです。

MS-CHAP* を使用するには、mhash 拡張モジュールが必要です。

Crypt_CHAP (Previous) 新しいランダムなチャレンジを作成する (Next)
Last updated: Fri, 19 Sep 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.