基本

基本 – 情報を取得する方法

導入

このパッケージのメソッドやパラメータについての情報を得るには、 自動生成される API ドキュメント を見るとよいでしょう。しかし、当然ながら、 その前にこのクラスの機能を大まかに知っておく必要があります。

データの取得

設定されている日付に関する情報を取得するためのメソッドには、 次のようなものがあります。

Date には、 データを取得するためのより高度なメソッドもあります。

  • getDayName は、曜日名を短い形式 (Mon) あるいは長い形式 (Monday) で返します。

  • getMonthName は、月の名前を短い形式 (Jan) あるいは長い形式 (January) で返します。

  • getDayOfWeek は、その週の中での何日目かを計算します (0 から 6、日曜日が 0)。

  • getWeekOfYear は、その年の中での第何週目かを返します。

  • getQuarterOfYear

日付の移動

以下のメソッドは、いずれも新たな date オブジェクトを返します。

指定した期間を足したり引いたりといった計算を行うこともできます。 *Span メソッドには Date_Span オブジェクトをパラメータとして渡し、 その他のメソッドのパラメータには秒数を指定します。

実際に触ってみよう (Previous) Date_Holidays (Next)
Last updated: Fri, 18 Apr 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.