導入

導入 – 機能概要

MDB2 について

PEAR MDB2 は、PEAR DB と Metabase php データベース抽象化レイヤーを統合したものです。

サポートしている RDBMS に対する共通の API を提供します。 他のデータベース抽象化レイヤーとのもっとも大きな違いは、 MDB2 が可搬性をもっとも重視しているということです。 MDB2 の機能の中には、次のようなものがあります。

  • オブジェクト指向のクエリ API
  • データベースサーバを指定する方法として、 DSN (データソース名) あるいは配列を使用可能
  • データ型の抽象化および必要に応じたデータ型の変換
  • 可搬性の高いエラーコード
  • シーケンシャルあるいは非シーケンシャルな行の取得だけでなく、 大量データの一括取得も可能
  • クエリのバッファリング機能
  • 数値添字配列、あるいは連想配列形式での行の取得
  • プリペア/実行 (バインド) のエミュレーション
  • シーケンスのエミュレーション
  • Replace のエミュレーション
  • 限定的なサブクエリのエミュレーション
  • 取得行数の制限のサポート
  • トランザクションのサポート
  • ラージオブジェクトのサポート
  • インデックス/ユニークキーのサポート
  • 高度な機能を必要に応じて組み込むための、モジュール化されたフレームワーク
  • テーブル情報とのインターフェイス
  • RDBMS の管理用メソッド (create、drop、alter)
  • PEAR フレームワークとの完全な統合
  • PHPDoc 形式の API ドキュメント

現在は以下の RDBMS をサポートしています。

  • MySQL
  • MySQLi (PHP5 のみ)
  • PostgreSQL
  • Oracle
  • Frontbase (メンテナンスされていません)
  • Querysim
  • Interbase/Firebird (PHP5 のみ)
  • MSSQL
  • SQLite

インストール

PEAR MDB2 をインストールしただけでは、 基本クラスしかインストールされません。実際に動作させるには、 各 DBMS 用の適切なドライバもインストールする必要があります。 たとえば、MySQL および PostgreSQL 用のドライバをインストールするには 次のようなコマンドを実行します。


$ pear install MDB2

$ pear install MDB2#mysql

$ pear install MDB2#pgsql

うまく行かない場合は FAQ を参照ください。

MDB2 (Previous) データソース名 (Data Source Name) (Next)
Last updated: Wed, 01 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.