インストールおよび使用例

インストールおよび使用例 – MDB2_Schema のインストールおよび使用例

インストール

まずは MDB2 をインストールしなければなりません。

$ pear install --alldeps MDB2

次に、使用するデータベース用のドライバをインストールしなければなりません。 たとえば、MySQL を使用するのなら次のようになります。

$ pear install MDB2_Driver_Mysql

詳細な説明は MDB2 のドキュメントを参照ください。 あるいは、Unix 系のシステムをご利用の場合は次のコマンドでも説明を見られます。

$ pear remote-list | grep MDB2

MDB2_Schema は MDB2 とは独立したパッケージであり、 同じように PEAR インストーラでインストールします。

$ pear install --alldeps MDB2_Schema-beta

これで準備完了です (^o^)

使用例

MDB2_Schema クラスのインスタンスを作成するには factory() を使用します。 このメソッドには $dsn や配列を指定します。 また、既存の MDB2 オブジェクトを指定することもできます。 以下の例では、単に $dsn を指定しています。

<?php
require_once 'MDB2/Schema.php';

$options = array(
    
'log_line_break' => '<br>',
    
'idxname_format' => '%s',
    
'debug' => true,
    
'quote_identifier' => true,
    
'force_defaults' => false,
    
'portability' => false
);
$dsn 'mysql://root:@localhost/MDB2Example';

$schema =& MDB2_Schema::factory($dsn$options);

if (
PEAR::isError($schema)) {
    
$error $schema->getMessage();
}

if (isset(
$error)) {
    
var_dump($error);
}

$schema->disconnect();
?>
MDB2_Schema の使い方 (Previous) 物理データベースあるいは MDB2 の XML からの定義配列の作成方法 (Next)
Last updated: Thu, 24 Apr 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.