データベースのダンプ

データベースのダンプ – データベースの MDB2 XML 形式でのダンプ

データベースのダンプ

dumpDatabase() を使用すると、 データベースの内容をスキーマファイルにコピーすることができます。 dumpDatabase() には、データベースの定義配列を次のように渡します。

<?php
require_once 'MDB2/Schema.php';

$options = array(
    
'log_line_break' => '<br>',
    
'idxname_format' => '%s',
    
'debug' => true,
    
'quote_identifier' => true,
    
'force_defaults' => false,
    
'portability' => false
);
$dsn 'mysql://root:@localhost/MDB2Example';

$schema =& MDB2_Schema::factory($dsn$options);

if (
PEAR::isError($schema)) {
    
$error $schema->getMessage();
} else {
    
$dump_options = array(
      
'output_mode' => 'file',
      
'output' => 'schema.xml',
      
'end_of_line' => "\n"
    
);

    
$definition $schema->getDefinitionFromDatabase();
    if (
PEAR::isError($definition)) {
      
$error $definition->getMessage();
    } else {
      
$op $schema->dumpDatabase($definition$dump_optionsMDB2_SCHEMA_DUMP_ALL);

      if (
PEAR::isError($op)) {
          
$error $op->getMessage();
      }
  }
}

if (isset(
$error)) {
    
var_dump($error);
}

$schema->disconnect();
?>

最初のパラメータには、データベースの定義配列を指定します。 二番目のパラメータは、ファイルへの出力の際のオプションです。 三番目のオプションは、dumpDatabase() で何をダンプするのか (構造のみ、テーブル内のデータのみ、 あるいはその両方) を指定します。これは、定数 MDB2_SCHEMA_DUMP_STRUCTUREMDB2_SCHEMA_DUMP_CONTENT および MDB2_SCHEMA_DUMP_ALL のいずれかで指定します。

テキスト型のフィールドにデフォルト値を定義することのできないデータベースもあります。 そのようなデータベースを使用する場合は、text 型のフィールドを作成する際には $options['force_defaults']false に設定する必要があることに注意しましょう。 このオプションは、デフォルトで true となっています。

物理データベースあるいは MDB2 の XML からの定義配列の作成方法 (Previous) MDB2 XML からのデータベースの復元 (Next)
Last updated: Tue, 25 Nov 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.