MDB_Common::executeMultiple()

MDB_Common::executeMultiple() – プリペアド SQL ステートメントを繰り返し実行する

Synopsis

require_once 'MDB.php';

mixed executeMultiple ( resource $stmt , array $types = = null , array $params = array() , array $param_types = = null , array $data )

Description

executeMultiple() は、 prepareQuery() のプリペアド SQL ステートメントと 指定したデータを結合し、 $data 配列のすべての "" について SQL クエリを実行します。

Parameter

resource $stmt

prepareQuery() から取得したクエリハンドル。

array $types

指定した場合は、取得した結果セットのカラムの型を設定します。

array $params

指定した場合は、 prepareQuery()/ executeQuery() はこの配列を実行時のパラメータとします。

array $param_types

指定した場合は、$param の値を自動的にその型に設定します。

array array $data

クエリに挿入するデータを含む、数値添字の配列。

Return value

mixed - リソース ID//MDB_OK、 あるいは失敗した場合に MDB_Error を返します。

Throws

Possible PEAR_Error values
エラーコード エラーメッセージ 原因 対応
MDB_ERROR_INVALID NULL SQL statment handle is not valid. SQL 文が prepareQuery() で正しく処理できたかどうかを確認します。 executeMultiple() が必要としているのは prepareQuery() が返したステートメントハンドルであり、 ステートメント自体ではないことに注意しましょう。
MDB_ERROR_NEED_MORE_DATA NULL プリペアド SQL ステートメントに代入するデータが足りません。 prepareQuery() で処理した SQL 文中のワイルドカードの数を確認します。 また、$data で指定した配列の要素数を確認します。 この要素数は、ワイルドカードの数と一致しなければなりません。
MDB_ERROR_NO_DB_SELECTED NULL データベースが選択されていません。 connect() で指定した DSN を確認します。
その他のすべてのエラーコード   データベース固有のエラー PHP マニュアル のデータベース関連の章で、エラーの意味を調べます。 たいていの場合は SQL の文法が間違っていることが原因です。 たとえば Oracle データベースの SQL 文で LIMIT を使用していることなどです。

Note

This function can not be called statically.

実行時にエラーが発生した場合は、関数の処理はそこで終了します。 残りのデータは処理されません。

一般的な使用法や使用例は、 導入 - 実行 を参照ください。

プリペアド SQL ステートメントを実行する (Previous) 結果セットを入れ子状の配列として取得する (Next)
Last updated: Thu, 30 Oct 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.