導入 - クエリ

導入 - クエリ – データベースに対するクエリの実行

説明

データベースに対してクエリを実行するには、関数 query() を使用します。 この関数は、クエリ文字列を引数として受け取ります。 失敗した場合は MDB_Error オブジェクトが返されます。返された値を MDB::isError() でチェックするようにしましょう。 成功した場合は、MDB_OK かあるいは SELECT 文の場合は結果リソースのハンドルが返されます。

シンプルな MDB のクエリ

<?php
// 有効な MDB オブジェクトがあるものとします...
$sql "select * from clients";

$result $db->query($sql);

// $result がエラーでないことを常にチェックします
if (MDB::isError($result)) {
    die (
$result->getMessage());
}

// スクリプトの処理を続けます
?>
データベースへの接続とその解除 (Previous) クエリからの行の取得 (Next)
Last updated: Tue, 29 Jul 2014 — Download Documentation
Do you think that something on this page is wrong? Please file a bug report or add a note.
View this page in:

User Notes:

There are no user contributed notes for this page.